hkmk管理者

記事一覧(8)

開催レポート【広島こそだて未来会議2018】

運営メンバーのつぶくです。2018年11月20日(火)に「広島こそだて未来会議2018」が無事に終了し今日は11月30日。あっという間に時間は経ちます。あっという間に、ねんねの子は寝返りをしだしハイハイの子は歩き始めます。ふにゃふにゃ・もちもちの赤ちゃんの時期が終わると、今度は片言のおしゃべりに耳がほころびます。あっという間に過ぎていく成長の中で、変わらないのは「寝顔」です。我が子の寝顔を眺めるときの自分の気持ちは今のところ、息子が赤ちゃんの頃からほとんど変わりません。自分の親も、同じ気持ちで何十年も私の寝顔を眺めていたのでしょうか。何が言いたいのか分からなくなってきましたが、笑私が子育てと同じように取り組んでいるこのプロジェクト。11月20日よちよち歩きの第一歩の瞬間を\イベント開催レポート/として運営メンバーが書いてくれました!私たちの子育て環境や子どもたちに託す未来も「成長」していけるように。その中でも、ずっと変わらない深い愛情のような、温かい気持ちをみんなで持ち続けたい。このプロジェクトは、その気持ちをいつでも思い出させる「寝顔」でありたいという願いを込めて今後も取り組んでいきたいのだとそう言いたかったのです。笑なので、今回来場してくださった方にはほっこりした気持ちで帰ってもらえたら嬉しいなと個人的に思っていたのですが、いかがでしたか?(来場者アンケートまだお待ちしています!▶こちら)それではお待たせしました。【イベントレポ】広島こそだて未来会議2018を開催しました!イベントに参加されなかった方もぜひ、隅々まで読んでほっこりしてくださいな。

発表者の選考を行いました!

つぶくです。10月24日(水)第6回目のミーティングを行いました。発表者の選考は事前に各自投票していたので、まずはドキドキの結果発表から!投票は、運営メンバー12名が6票ずつ持ち、エントリーシート・添付資料の内容から「聞いてみたい」と思う取り組みを選ぶ形で、匿名制で行いました。発表者は近日公開!!!笑ということで、今日は、選考した運営メンバーの感想をお先にご紹介したいと思います!(感想にネタバレ要素が含まれるものは省略しました)□構想段階でこれから形にしようとされている方から既にご活躍されている方まで、多くの方からの応募があり嬉しく思いました。世間に知られていない取り組みをこの機会に多くの方に知っていただき、来場者の方も含めみんなで「もっとこうなったらいいんじゃない?」を考えられる広島こそだて未来会議の日を迎えたいです。□自分に、興味があるものを選びましたが、社会に役に立つまた、独自性の視点からも考慮しました。周産期の支援については、敢えて個人の方を選択しました。企業的なものも入れて、バランスを、取りました。当日の発表楽しみに、なりますね。□熱い想いばかりで全ての方の話を聞いてみたいと思いました。□たくさんの応募ありがとうございます。素晴らしい活動や取り組みがたくさんあることにワクワクしました。同時に選考することが非常に難しく、嬉しい悩みでもありました。当日の発表が今からとても楽しみです!□パパやママだけでなく、子どもたちの周りの人が関わりを持って、みんなで子育てしていけるような活動が多くて、応募内容を読むだけでワクワクしました!□子育て中の私の立場で本気で活動に関わりたいか、また、私が子育てしてなくても参加してみたい活動か、という観点で選びました。より多くの方に聞いてもらい、より多くの方々と楽しく子育てを「共有」できる広島にしていくための一歩になればいいなぁ。□どの方もステキなご提案で、とても悩みました!読んでいるだけで、子ども達の未来が明るくなる!と思わずにはいられませんでした。□たくさんエントリーいただき、選ぶのが本当に大変でした。正直、かなり悩みました。どのプレゼンもこれからの子供達やパパママに明るい未来が広がるようでした。今回のイベントを機に、エントリーした方々がより良い繋がりを作り、これからの未来に向かえればと願っています。□子どもを守る活動や、子育てを支援する活動などを、個々で頑張っている団体がたくさんあることを、沢山の人が『知る』ことにより、どんどん世の人に広まってほしいと想い選考しました!それぞれ活動されている方それぞれに熱い思いがあり、子育てをする人、そうじゃない人の意識の中に、少しでも頭に残ることでこれから子育てをしていく中で、社会的にポジティブな変化を起こしていけるキッカケになってほしいです!□熱意が文字量に表れている方が多く、読んでいるだけでも子育ての未来を考えることができました。発表が楽しみです!!!感想は以上です。エントリーしていただいた方々の熱意が伝わりますでしょうか?たくさんのご応募を誠にありがとうございました。エントリーしてくださった全ての皆さんの気持ちを最大限膨らませられるよう、しっかり準備に励みたいと思います!!お楽しみに!!!

自己紹介リレー⑥/津福彩夏

運営メンバーのつぶくです!広島出身、広島育ち、生粋の広島人です。6歳息子の母で、この広島こそだて未来会議プロジェクトの発起人です。2017年2月から託児付きリフレッシ空間ポリフォニースペースオンオフを広島市安佐南区緑井で運営しています。子育てのしんどさをひとりでこっそりプチ消化できるような空間で、息子が幼かったころの自分にプレゼントしたいといつも思っています。我が子ってもちろん可愛くて可愛くてたまらないのですが、俗に言うイヤイヤ期を終えるまでは、息子だけでなく私自身の気分もかなりムラがあったように記憶しています。イヤイヤ期前のもっと小さかったとき、言葉も十分に理解できていない息子に向かって怒鳴ることもありました。「なんでお母さんがいやがることするのっ!?お母さんのこと嫌いなのっ!?」究極に間違っている台詞・・・ここに書くのがお恥ずかしいです。笑言い訳をすると、こんな言葉を、理解できない子に向かって発してしまうほど、その時は私も疲れていたのです。それまでもずーっと続いていたしこれからも続いていくような気がする毎日(実際はあっという間に逞しく成長しました)に、当時はつらさを感じていました。ちょっと子育てを休憩したい、少し気分転換したらまた元のわたしにリセットされて、ニコニコ過ごしていられるのに・・・・・

自己紹介リレー⑤/光井 祐子

運営メンバーの光井です。私は岐阜県出身で、親元を離れ広島県に転居してからは東広島市、広島市東区、西区と転々とし、現在は呉市在住の二児(3歳と1歳の男の子)の母です。西区に住んでいた頃に結婚し育児休業を取得して出産したのですが、産後半年で呉市への転居が決まり、離職する選択をすることとなりました。初めて住む町、知り合いもおらず地域からの孤立感や、職場という自分の居場所を無くしたような虚無感を感じたことを機に、任意団体Firste(ファステ)を設立しました。Firsteは、母親の育児負担の軽減、地域社会から孤立しないように多世代の交流を図ることを目標にして多様なイベントを企画してきましたが、これからは母親同士の交流から一歩踏み出し、離職した母親でも自分らしく社会で活躍できる機会を作りたいと考えています。広島こそだて未来会議は「一歩進んだ子育て環境を実現するための取り組み」を発表するものですが、幼い子どもを育てるFirsteメンバーも、自分たちの住む地域にない「あったらいいな」を考えるミーティング(写真参照)をしており、活動そのものが広島こそだて未来会議の理念とリンクしています。運営委員会発足前、ポリフォニースペースオンオフ代表の津福さんと出会った時は「その環境を作ってくれてありがとう‼︎」と感動しました。なぜなら、私も母親の育児負担を軽減できるようなコワーキングスペースに近いものを作りたかったからです!今はその構想から変化していっていますが(笑)運営メンバーの一員として、子育て真っ只中の母親として「自分たちの子育ての未来」「子ども達に経験してほしい未来」「自分が高齢者になった時の未来」を想像し、想いに共感する人みんなで自分たちが住みやすい地域をつくる第一歩を踏み出したいと思います。そう、Firsteの由来は「First step」なのです(笑)周りの流れに身を任せていても、自分が望んだ未来がやってくる保証はありません。ならば、今自分がどんな暮らしをしたら欲しい未来に近付けるのか。自分の暮らしの体験で実証実験をしていくつもりで日々仲間と楽しく考えています。そんな仲間が、広島こそだて未来会議を通して増えたらいいな!想いに共感して集まる仲間が、連携し合い、高め合える存在になることを願っています。ワクワクする計画をお持ちの方、どしどしエントリーをよろしくお願いします★

自己紹介リレー②/岡田真弓

運営メンバーの岡田です。 5年前まで静岡で緩和ケア看護師していましたが、結婚を機に辞め、主人の仕事(鍼灸師)に着いて広島に引っ越してきました。女の子二人(4歳と1歳)の子育て中です。子育てをきっかけに今の仕事(シェルハブ・メソッド講師)に出会い、仕事しながらポリフォニースペースオンオフ(※発起人・津福が代表を務める店)でがっつりお世話になっているうちに、私の仕事もポリフォニーさんで指定事業者として継続してやらせてもらえることになり、近くで津福さんのパワーと情熱、キレの良い仕事を見させてもらっています。 私の仕事も、子育て世代のご家族、お母さん、赤ちゃんがよりよく生きていって欲しい事を願ってしている仕事で、このプロジェクトとも、津福さんの理念ともリンクしてるなー、と感じて、運営メンバーに参加させてもらいました。広島に来てまだ4年で、知り合いも少なく、津福さん含め周りにいる方たちは素晴らしいな!と感じていまして、一緒に何か出来る事で自分の枠も広げられたらな、という下心もあり笑以下、私の仕事についてまとめたリンクを貼らせていただきましたので、ご興味あれば開いてみてください😊https://www.facebook.com/1519246588181937/posts/1683977825042145/ シェルハブ・メソッドひろしまは、産まれてすぐから、カラダとココロの土台をしっかりと作ってあげることで、将来自分で自立していける力をつけてもらおう、転んでも立ち上がり歩いていける、生き抜く力をつけてあげるようというコンセプトで遊びを通して発達を後押しする手法です。子どもの将来へのプレゼント🎁と思っています。そして、それは赤ちゃんを取り巻くご家族、お母さんにとっても、子育てがより楽しく、充実した時間を過ごせます!という理念でやっております。